スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |はてなブックマーク - スポンサーサイト

タライ落とすなら水曜日6/24更新分「第5回「こんなド田舎村人に気をつけろ!(3)」」 

今回で一旦村人紹介を終えるらしいです

◆◆◆◆ 鈴音村人 じいちゃん(神山 門徒)◆◆◆◆ 
【紹介短歌】幾年も 村に巣食った エロジジイ 年相応の 地獄耳です

鈴音神社の神主で、美鈴の祖父。
村の全てを知る存在。(といっても別に謎があるわけではない)


【(1) 美技・尻触り! 「こ、このエロジジイーーーッ!」】

 女性の尻は触ってナンボ、触られてナンボ!
 スキがあろうが無かろうが、すばやく背後に回りお尻を撫で回します。
 特に希美子は他のメンバーより年上のため長く被害にあっており、毛嫌いしています。
 助平なところが鈴原とは気が合い「いくぞ惣坊!」「へい、ご隠居!」な仲。
【(2) しかし孫には嫌われず、ほどよくオナゴの体を堪能する】

 美鈴は祖父には優しく、お尻を触られても「おじいちゃん、おイタしないの」とたしなめる程度。
 本人もそう言われるのを判っているので、孫についてはお尻触り放題です。
 もちろん、啓助が美鈴のケツを触ろうものなら、足払いで浮かしてからのコンボは確実でしょう。

【(3) 鈴音村の生き字引。村のことなら何でも聞くがよいぞ!】

 村のことなら何でも知っており、ときにはガイド役も勤める。
 エレナも門徒に情報を聞いて村を歩き回っている模様。門徒もエレナのことを気に入っています。お尻の形とか色々な意味で。
 啓助達には村は知ってる場所ばかりなので真新しさはあまりなく、薀蓄が長いのでありがたみが薄いです。

【(4) 恐るべき地獄耳! 全てを見通すその眼力!】
  
 村民の動向について嗅ぎ取る能力は村随一。そしてその情報ネットワークもとても強力。
 村の誰かに浮いた話があろうものなら、秒速ウンmのスピードで門徒に伝わることになります。
 婆ちゃんら村人達に情報がすぐ行き渡るのは、門徒が発信基地と化してるせい……??

【(5) 抜け目無しのものぐさ坊主!? 神社のためならエンヤコラ】
 
 神社は閑古鳥ですが、派閥を取りまとめるような横のつながりを持っており、お金もお布施という形で自然と集まってくるらしい。「田舎のお金持ち」です。
 神社が売れてくると、夜な夜な結ばれたお御籤を解いて再利用なんてことも……?(犯罪です、多分)


美鈴のじいちゃんですね
エロ仙人ですなあ
というか攻略できませんて書いてないし攻略できるかも?(※したくねえよ)


とりえず記事のリンク
http://blog.getchu.com/archives/51459921.html
スポンサーサイト

タライ落とすなら水曜日6/17更新分「第四回「こんなド田舎村人に気をつけろ!(2)」 」 

今回も村人紹介のようです

◆鈴音村人 おっちゃん(大和田 断)
【紹介短歌】ひたすらに 熱いパワーで 暑苦しい 細かいことなぞ 考えません


鈴音村出身。村最大の農場である、大和田農場を経営しているおっちゃん。
大和田幸はひとり娘。親子仲は悪くない。


【1 こまけぇことはいいんだよ!】

 とにかく一本槍な性格。深く悩むなんてことは全くありません。
 溢れんばかりのド田舎パワーで「何とかなんだろ!」と全てを自己解決します。
 細かいことを考えると、体中に蕁麻疹が起こる……のかも?

【2 がっはっは! やっちまえ!】

 上と関連して、後先をあまり考えずに実行することが多いです。
 自分が良いと思ったものは、即時実行の豪快さ。
 自分が理解出来ないものに関しては、悩むのではなく、興味を持ちません。

【3 目立ちたがりで、演歌大好き!】

 演歌が大好きで、農場のど真ん中でアイを演歌を一人でよく歌っています。
 酒の席なんかで一番騒ぐタイプです。絡んで歌っての繰り返し。
 番組中に割り込んでくることもあるかも……??  

【4 農場主の朝は早い! ラジオ体操第一!】

 酒は飲むけど超健康体。朝6時のラジオ体操はかかせません。
 かなりの大音量でやっているらしく、毎朝絶えなく聞こえてきます。
 このラジオ体操の音楽を目覚まし代わりにしている村人も多いとか。

【5 身内には……不器用ですから】

 断は幸のことが心配で仕方ないのですが、不器用なので接し方が判りません。
 もちろん、幸も父のそんな性格を理解しているので特に何も言いませんが。
 なお、幸からは「お父ちゃん」と呼ばれています。


断もわりと頻繁に遭遇するサブキャラの一人です。
若かりしころは主人公たちの格好の遊び相手だったので、
気軽に話しかけられる人間の一人といった感じです。
まぁ、この村にはそんな人しか居ませんが。

攻略できたらごめんなさい(ええっ!?)


このおっちゃん漢ですよね~
幸をくれとか言ったらどういう反応するか気になるぜ


特にこれといったリンクが無いので記事のリンク貼っときます
http://blog.getchu.com/archives/51456416.html

タライ落とすなら水曜日6/10更新分「第三回「こんなド田舎村人に気をつけろ!」」 

サブキャラについて書くようです
その名も・・・
鈴音村の本当の主人公はオラ達だ! ~こんなド田舎村人に気をつけろ!~


第一回は婆ちゃんだそうです

◆◆◆◆ 鈴音村人 婆ちゃん ◆◆◆◆
【紹介短歌】ド田舎を 徘徊し続け 齢70 はなつ話術は 熟練の美技

鈴音村出身の婆ちゃん。歳は70前後。農業を営んでおり、殆ど村から出たことは無い。
昔、ダーツの旅で「第一村人」に選ばれたことがある。

【① 神出鬼没! どこにでも現れる】
 鈴音村は広いのに、道を歩いているとどこででも遭遇します。
 あまりに遭遇しやすいので、双子……いや6つ子くらいなのでは?
 なんていう噂が立つくらいです。
 遭遇したら最後、昔話をメインとした自分語りが延々と続きます。

【② 第一声は『大きくなったねぇ~』】
 昨日会っていようが5分前にも遭遇していようが関係ありません。
 この言葉は一種の「お約束社交辞令」であり、逃れることは出来ません。
 しかしあまりにもいつも言ってくるので、返す側も「うん」とか、慣れたものです。

【③ 都合の悪い部分は、耳が遠いフリをしてくる!】
 お年をめされているので、ある程度耳が遠いのは仕方ない……
 それを逆手に取り、状況によってうまく使い分けるという、熟練した技を持っています。
 特にご自分の失敗談については、聞こえにくいことが多々あるようです。

【④ 村に少ない若人 おいらくの恋はますます盛んに】
「オラも50年前はなぁ~」という言葉から、若人へのアピールタイムがスタートします。
 愛を語る相手に年齢差なんて関係ありません。むしろ差があるほどに燃えるようです。
 その勢いを削ろうとしても、「はぁ~?」と前述の聞こえないフリをしてかわします。

この設定にたがわず、ゲーム本編中でもかなり頻繁に遭遇します。
時には番組への感想やアドバイスをくれたりもしますが、基本は世間話です。
村を移動して「誰かに会えるかな?」と思って婆ちゃんだった場合、
がっかりするか喜ぶかはユーザーの皆様次第でございましょう。

攻略は出来ませんのでご安心ください(?)




これいといったリンクが無いので記事のリンク貼っときます
http://blog.getchu.com/archives/51452568.html

タライ落とすなら水曜日6/3更新分「第ニ回「鈴音村をテーマにして本が書けます」」 

妹スクやない思はエロでそのあと世界観だったらしいのですがどいちゃんは世界観が作りこまれているらしいです

今作は、徹底的に「鈴音村」という『箱庭作り』からスタートしました。
全ては、「ド田舎」という雰囲気をユーザーの皆様に伝えるため。
まずはそこに「あるもの」「ないもの」を選別しないといけません。
それにはまず選別できるだけの知識が必要だ、というわけで
スタッフ全員で図書館に篭り、地方の歴史・気候・文化から、電車の時刻表など細かいのを含めて資料をあさって勉強いたしました。

で、資料を集めた後。今度はそれを基に世界を広げていく番です。
そういう田舎に本当に存在するものだけを箱庭においていくのではなく、
面白おかしくなるために、「ド田舎」という言葉のイメージ上にあるものをピックアップしていきました。

例えば、「ド田舎」に「カフェ」はありません。
外から来る客も殆どいない状態なわけだから商売が成り立つわけがない。
そもそも、全員殆ど顔見知り状態であるド田舎村民同士が交流を持つのであれば
それぞれの自宅で寄り合うだろうから、カフェは必要ないのです。

もちろん、普通の田舎に「カフェ」が無いなんてことないです。
だから、あくまで鈴音村はフィクションの塊なわけですが、
逆に田舎と違って「ド田舎だから」という理由で外してはいけないものもあります。

それは例えば「送電線の鉄塔」。
ゲームが現代劇であり、当然、僻地とはいえ人は生活しているわけですから、
流石に電気が来ていないというのはやり過ぎ。
また、その場所まで電気を伝えるものは絶対に無くてはならない。
というわけで、緑の山からニョキニョキと大きい鉄の木を何本も生やしました。


・・・
すごいですね
抜きゲーでは世界観を普通ここまでしませんよ
トイレは水洗なのか気になる・・・
電気あっても水道なさそう


特にリンクがないので記事のリンク貼っときます
http://blog.getchu.com/archives/51448924.html

タライ落とすなら水曜日5/27更新分「メーカーズコラム・はむはむソフト『タライ落とすなら水曜日』 第一回「この村は全てフィクションです」」 

下地和彦さんが書くのかな???
んで鈴音村へようこそのページは頑張ったんだそうです
多分ここを参考にしたんだと思いますよ
でコメントで質問したらド田舎の略称は「どいちゃん」っぽいです


これといったリンクが無いので記事のリンク貼っときます
http://blog.getchu.com/archives/51445620.html













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。