スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |はてなブックマーク - スポンサーサイト

また奥深い講演が生まれちまったな… 2011 「なぜリトバスはアニメ化されないのか」 in 京都大学11月祭 に行ってきました! 

20111123_160524.jpg
ついに来ましたvavaしゃちょー講演会!
去年よりもすっげえ楽しかったですよ!
今までの人生で最高の二時間でした
二時間もvavaしゃちょーを見続けられるなんて…ハァハァ
まあ、とりあえずレポでも書きます
記憶の中とメモだけなので一部違うかも知れませんがそこはご了承下さい
13時開場の予定でしたが13時20分過ぎまで遅れていました
事前申込みされてた人は333人で
1~80、81~160、161~240、241~333の各ブロックに分けてそれぞれ一列で整列
それぞれの中での順番は来たもん順でした
列待機場所での看板
20111123_125253.jpg

そして順次入場
去年よりはたしかに空いていましたが、それでも350人くらいはいたので後ろまで席が埋まっていましたよ
前には二つのスクリーンが掛かっていてタイトルが映っていました
入口の看板
20111123_160134.jpg



14時10分頃開演
せなかさんや藤井さん、D坂本さんも来られてました
まず京大アニ同会長の伏見さんが挨拶
その時に拍手が起こったのですが間違ってvavaしゃちょーがご入場されかけてましたw
注意事項を説明されてからvavaしゃちょーがご入場
拍手で迎えられていました
去年とは違ってvavaしゃちょーがガチな講義をすると言うか一人でプレゼンされてて、トークショーみたいな感じではなかったです
「皆さんこんにちは」
(一同)こんにちはー
「漢ばっかやね もう少し女性ファンが居ると思っててんけど」
「ビジュアルアーツの馬場と申します どうぞよろしくお願いします」
「京大なんかに呼んでもらって講義をするのはもう二度と無いと思いますので私も今日は楽しませていただいて皆さんと一緒に盛り上がっていこうと思います」
スクリーンにPCのパワーポイントっぽい何かのソフト(僕には分かりませぬorz)を映して講義が始まります
「今日のテーマは『なぜリトバスはアニメ化されないのか』 Angel Beats!もですけどtwitterで『北区』とやったら毎日聞かれるんです だんだん嫌になってきたので今日はこの話を済ませてしまおうと思います」
「今日はテーマ一つとおまけ二つをやります しんどいので一時間喋らせて頂きます 二時間喋れって言われたけど二時間はしんどい 落語家じゃないねんから」
「自己紹介をさせて頂きます 私の氏名 『馬場隆博』 株式会社ビジュアルアーツの代表取締役です」
「社長とは何か これで五時間ぐらい喋りたい 社長って何か分からないでしょ? 私も学生の時はわかりませんでした ただお茶飲んでだけかいと サラリーマンになって思いました やっぱりお茶飲んでるだけやと でも説明するのは難しんです 先日亡くなられたジョブズの名言にこういうのがあります 『自分のやってる仕事を説明できない奴とは一緒に仕事をしたくない』 一言で言いますと『ビジネスの起案・指導・判断』です 総合的な判断という意味で会社を興すのも社長なら終わらすのも社長という意味ですね 社長がいるとその下に手下がいて、馬場隆博とその一味 それがビジュアルアーツでございます」
「弊社の自己紹介 創業平成3年3月26日 今年で創業20周年です 旧社名はビジュアルアーティストオフィスでした 電話対応が面倒くさかったのでビジュアルアーツに社名変更しました 元ネタはルーカスアーツです スターウォーズ作ってる 業務内容 ゲーム制作 エロゲを作り始めました エロやらんかったらエロやれ エロやったらエロいらんと言われて困っております それとゲームフランチャイズ事業をやっています ゲームを作るのには一年かかるんですけどこれでは定年退職までに30本しか作れない 30本は机の上に載るなぁと 定年退職する時にコレが私のビジネスの全てっていうのは嫌だったんですね でコレを始めたわけです ゲームエンジンを作ってソフトハウスさんに貸す そして販売・広報・サポートを一元管理する 20年やってきたわけですけどこの前数えたら600本くらいでした」
「会社の使命は『〇〇の生み出す作品を世の中に〇〇する』 社員は分かりますか?」
んでせなかさんが「クリエーター」とご回答
「流石 給料上げてやるわ 『クリエイターの産み出す作品を世に頒布する』 京大生の皆さん『頒布』読めますか? 法学部は絶対いるよ 簡単に言うと萌え系ビジネスの全てですね コミック・アニメ・ゲーム・ラノベ・ライブ・映画を提供したい 代表ブランドはKeyですね Key知らん人?」
もちろん誰も手を上げてませんでしたよ
「Keyは1999年に設立致しました 代表作 1999年Kanon 2000年AIR 2004年CLANNAD コレは時間かかりました 同年2004年planetarian 2005年智代アフター 2007年リトルバスターズ! 2008年リトルバスターズ!EX(イーエックス) 昔は違う読み方をしていましたw 2010年クドわふたー 2011年Rewrite 2012年Rewrite HarvestFesta!を予定しています あくまでも予定です 初のファンディスクです 他に音楽にも力を入れています 非常にこだわっています CDを出してみたら凄い売れました 調子のっていっぱい出しています CD売れたのでライブもやりました 超満員 皆大感動 私も感動 ビジュアルアーツは音楽CDの方が多いんじゃないかっていうくらいです 去年は多かったです Angel Beats!もやりました ゲームを作ったと仮定して原作をやりました もう頭の中にある そういうコンセプトでやりました」
「本日のテーマは…『アニメと私』 嘘です^^; 『なぜリトバスはアニメ化されないのか』 この講演が楽しみでインタビューに行ってきました」


そして業界人のインタビュー映像が流れます
一人目はアニプレ鳥羽さん
「リトバスを知っていますか?」に対して「隅々まで知っています」
「なぜリトバスがアニメ化されないと思いますか?」に対して「誰も作りたいわけじゃない リトバスのアニメを作るベストなチームが作れない アニメ化は前向きに考えていたけれどもやっぱりいいチームが出来るかというのが分からない」
「京都大学の印象は?」という質問に対し「去年麻枝さんの時に学生の文化祭としては整理されていて麻枝さんの負担も少なかった 麻枝さんも話をしたいけど話せる場がなかったのでいい機会を頂いたなぁと 後で学生さんと飲みに行ったけど麻枝さんも学生さんが自分の作品に対してどんな印象を持ってるか分かったのでよかったです いい印象ですね」
「今だからこそ言えるAngel Beats!の裏話は?」に対して「実は最終回の完成に立ち会えなかった 出来上がると分かった瞬間に40度の熱を出してダウンしてしまいました あと、最後に『END』とするか『かなでルートTrueEND』にするか迷ってたんですが麻枝さんは岸監督にお任せしますと 岸監督はプロデューサーにお任せしますと で僕が熱で倒れている状況で岸監督が『本来とは違う見方をされてしまうかも知れない』ということで『END』にしたんですけども その時はゲームの話は正式になかったのでそういうのも面白いんじゃないのという話で 結果的にはそれでよかったと思っています」
「皆さんへのメッセージ」で「今TBS・MBSでやってるアイドルマスターという今回も歌モノやっているんで放送見てオモシロイと思ったらブルーレイ、DVD買ってください ニコ動でもやってるんで またvavaしゃちょーと何かやりたと思ってますのでよろしくお願いします」
続いてフロンティアワークス轟さん
「フロンティアワークスの轟です 一年半前まではバンダイビジュアルにいました」
「リトバスを知っていますか?」という質問に「知ってますよ プレイはしていないんですがクドが可愛いです」
「なぜリトバスがアニメ化されないと思いますか?」に対して「まだやってないんですか? てっきりやっていたと思ってました 名乗りあげていいですか?」
「京都大学の印象は?」に対して「すごく優秀な方が集まっているのでアニメ業界よりは政治家や官僚になって僕らの住みやすい社会を作ってください 国を改革するとかのほうがいいと思います 僕ならそうしますよ 京都大学の皆さんに今のアニメ業界がどう映ってるのか聞いてみたいです 作る側よりも消費者のほうがいろんな意味で幸せになると思います」
「開場の皆さんにメッセージ」として「京都はいいところです 一回遊びに行ったことがあります また行きます 今フロンティアワークスではシュタインズゲートを推していますのでよろしくお願いします 私の企画も動きますのでおいおいよろしくお願いします」


「誰もリトバスについて語っていない 皆喋るの美味いですよね 後二人後ほどインタビューをさせていただいています」
「フラグと思わないでくださいよ 今日喋ることは全て真実ですけども予定は未定です よく聴いておいてください その中に真実があるかも知れないですよ」
「しかしちょっと待ってもらいたい そもそもアニメにしたいのかと 今まではアニメに特別な感情はありませんでした アニメは劣化コンテンツだったんですよ 理由その一 クオリティの問題 栞のストール もう10年も前の話 皆さんは小学生で親に隠れてやったかも知れない (栞の鳩登場のCGを出して)このストールの模様で揉めました これはやめてくださいと言われました 茶色の無地にしたいと言われましたがそれだけは勘弁してくれと 栞のアイコンはストールで、なくなるとキャラクター性は表現できない (東映版Kanonの栞の設定資料を映して)んでちょっと劣化してます 10年前のアニメはこうだったんですよ 東映さんには頑張ってもらったが私としては劣化 あと音楽 今は我々が戦った結果原作の音楽が使われるようになったが、昔はなぜか原作をバラバラにしてしまうのが常識だった 楽曲はゲームのは使わないという時代だった 原画:樋上いたる、シナリオ:麻枝准、あるいは久弥直樹、音楽:折戸伸治 ですよ でもアニメになった瞬間に原画もシナリオも使っていただけるのに音楽だけは別だったんですよ では折戸の気持ちはいったい?という 我々からすれば曲が使ってもらえない事自体がクオリティの劣化だったわけですね」
「理由がもう一個ありました 金銭的メリットの問題」
(オフレコです)
「しかしこの10年の進歩は素晴らしい 先ほどの絵と今の絵を比べてみてください ものすごい進化です 昔は鉛筆で線を書いていたけど今は細い線でかける 演出もすごい テレビでハイビジョンで見れる この10年の進歩は素晴らしくて最早クオリティの劣化じゃない クオリティが上がるんですよ 金銭的問題も自己解決しました Angel Beats!ではCDを50万枚売りました 出口戦略として音楽が確立されたわけですね アニメをやることで十分メリットが感じられるようになりました さらに萌え文化の一般化 非常に大きいです 昔トイレに新聞読みながら入っていました 裏の下宿から曲が流れてきて、実はそれがウチの曲やったんです 10年前 びっくりしましたね そんな時代が来るとは 思わず行って抱きしめようと思いました 駅前の田村書店 ここは京都ですから分かりませんけど北大阪付近では有名な書店です 入るとKanonの原画集がズラーッと並んでいました びっくりしました 同時に気持ち悪くもありました 我々はコソコソとやってきたのに何この体たらく こんなことでいいのかと思いました 萌え文化が一般化してきました アニメ化でビジュアルアーツの企業価値があがる 銀行に行って実はアニメになるんですと言えるようになった そもそもアニメにしたいのか 今までは消極的でした→したい! リトバスをアニメにしたい それを申し上げます」


「ただ、問題点が二つあります 一つはリトバス独自の構造 リフレイン 繰り返すことが主人公の成長の物語 これが本質です これをどうやってアニメにするか コレを解決しない限りはアニメにならない ここで昔話 我々のゲームにはヒロインが複数いる 一本のルートをやるわけですね 一本のルートをやると何事も無く他のルートへ 複数のルートがあってひとつのゲームに コレをアニメにする時にどうしたら良いのかという コレについてLeafの下川さんと一晩話したことがあります その時の解決は『誰とも仲良くならない』 アニメは一本道なのでスーッといけない だから寸止めしようと フラグたてまくって寸止めして次に行く 悪いやつですねー 昔はそうだったんですけど最近のも調べてみました 例① アマガミ (アマガミの絵を出して)綺麗ですね 原作ゲームの構成は複数キャラクター TrueENDはありません アニメにする時にこうされてました 数話かけて1キャラとのイチャイチャを描く 寸止めじゃなくて最後まで行く 1キャラクターが終了したら何事も無く次へ行く アリなんでしょうか アリなんです 実は秘密があります オープニングやエンディングでヒロインを推している 見ている人はどのキャラの会なのか自然に受け入れられる 非常にアニメ的な処理で素晴らしい これは原作にTrueENDがないから出来る訳でところがリトバスにはあるんです なのでアマガミの構造は無理なわけです じゃあ我々のCLANNAD (CLANNADの絵を出して)綺麗ですね 惚れ惚れしますね これは原作では共通ルート・キャラルートに分岐・最終シナリオ・TrueENDという構造で処理が難しい 各キャラルートでは味わってもらいたい でもTrueENDに行くには渚と仲良くなってないといけない 京アニさんは各キャラと仲良くなる→17話で全てのフラグを折りました(※補足 オーバー流れた18話じゃね?とか思うんですがよく覚えてないですorz) ボキボキボキィっと 素晴らしい処理ですね 伝説の17話 んで普通に渚ルート コレは鮮やかでした ただリトバスではちょっと問題があるんですよね 何度でも世界をやり直して成長するがテーマですから 恭介は主人公に強くなってもらいたい フラグを折る訳にはいかない 最後まで行かないといけない ハッピーエンドでないと理樹は成長しない コレが覆ってしますわけです 京大生、『覆る』って読める? 更にもう一つ エンドレスエイト コレは素晴らしい 勇気がいる ループものをやるには誰かがいつか通らなければいけない道 それをやったというのは素晴らしいと思います ただ二回はできない 解決の方法はあるのか?→ある 麻枝とかと話し合いました 解決の方法は言えません ヒントを言います 『リトバスを知ってる人も知らない人も納得できる』 名前しか聞いたことない人も筋肉って言ってやってる人も納得できる 問題は二つあると言いました 大丈夫ですか? 眠くないですか 講義席に座ると眠くなりますよねw」
「次の問題:京アニ様 京アニ様は素晴らしいですよ 過去作を振り返ってみましょう Kanon東映アニメーションさん AIR京都アニメーションさん コレが素晴らしい 劇場版AIR東映アニメーションさん Kanon第二期京都アニメーションさん CLANNAD京都アニメーションさん 劇場版CLANNAD東映アニメーションさん 出崎監督の最後の遺作となったわけですね 東映アニメーションさんと京都アニメーションさんに交互にやっていただいたんですが評価のある京アニさん クオリティが上がる 我々としては是非やっていただきたい でも忙しい やっぱラインが一本しかない なので一つのことにたかられると他のことができない 角川さんとポニキャさんで一杯 じゃあ諦めるのか? いい会社が沢山がるのが分かってきた 10年の技術革新は素晴らしい 京アニさんでしか出来なかったことをいろんな会社が実現してきています 例えばRewriteのOPに見る現在のオープニングアニメ 絵コンテでできて送られてきた資料を今から見せます 絵コンテだけでここまでできるのかと見ていただきたいです 製作はWHITE FOXさん 費用:1000万 結構かかります それでは御覧いただきましょう」
ここでRewriteの2ndOPアニメの絵コンテで作ったバージョンが流れます
初公開ですね
「すごいでしょ? ほとんど静止画なんです ここまでできるエンジンをもう持ってるわけですよね 次完成版」
完成版のOPが流れます
「すごいでしょ? 今の時代これだけのものが簡単にできる、皆さん頑張ってらっしゃますけども 技術革新は凄い 長々と喋って参りましたが結論 京アニ様にやっていただきたい やっていただきたいのですが絶対とは言わない 交渉していきますがいつまでも待ってられない 他にもいい御会社があるのが分かりました これは技術のアップもあります それだけではない 我々のスキルもアップしました 昔アニメをしてもらった頃はどういうふうに関わっていいか分からなかった 会議をしていても皆黙ったままだった 今は10年間やってきて、そしてAngel Beats!で今のアニメがどういうふうに作られているか分かりました ポイントを抑えたら悪いものにはならないと思いました もし京アニさんにやってもらえなかった場合でも今の我々ならいいものにする自信があります」

「ちょっと脱線させてください リトバスがアニメに適しているかどうか アニメとはそもそもなんぞや 製作委員会方式があります 幹事会社が立って仲間を集めお金を集めます 一話1100万~1800万円です コレ掛ける最低1クール(13話)あります 計算できますか? 1億4300万~2億3400万円かかります +電波代があります 結果的には3億~4億かかるわけです 基本的に動かしているのは幹事会社です 監督やシナリオやなんやらを決めます さっきの鳥羽さんや轟さんもそうですね 多額の企画なので特殊な収益構造をしています 元々アニメは無料で放送するものです 一回流したものをまた売らなければならない 大変です 絶対に売れなければならない 視聴率はメディア販売本数に関わってきます 関東で1%あたりで100万人が見ているので3%では300万人 そして全国ネットで数百万人が見るわけですね その数百万人が見たものが何万本売れるかが勝負です 一万人のコアなファンがいれば成立するという話もあります 押井守さん 宮崎さんを宮ちゃんと呼んでおられる方です 大変偉い方です 『私には一万人のファンがいればいいんだ』 私もそう思います どんなコンテンツでも一万人のファンがいれば成立する ブルーレイやDVDも買ってきただけます 選挙速報が入る アニメ制作会社はそれを見て喜んでいるわけです 最初から出しておいたらいいと思うんですよね リトバスの販売本数 色々言われてしょうがなくバラしちゃったんですけどリトバスとEXあわせて累計30万本 これは真実であります ついでにKeyはもうすぐ累計100万本だそうです 正確には(藤井さんに聞いて) 96万ぐらい売ってるらしいですね いくぜ100万本 縁起悪いですね(プレステの話?) その三割をリトバスとEXで売ってるわけです これがアニメにならないはずがない 確信しています 結論の前に残り二社見てもらいます」


キングレコード山中さん
ぼそぼそ何言ってるかよくわかりませんでしたw
「リトルバスターズ!を知っていますか?」に対して「白い帽子を被った クドが可愛いと思います」
「京都大学の印象は?」に対して「京大…兄弟…兄弟の作品といえば〇〇(忘れたorz)やヨスガノソラなんかがあります 東京では駄目だったんですね 京大生の皆さんにはそっち方面からの援護射撃をしてもらいたいです アニメ業界でもいいですが真っ当に生きたほうがいいともいます お待ちしております」
「皆さんへのメッセージ」として「今丁度Angel Beats!でユイ役をやった喜多村英梨を売っていますので 喜多村英梨じゃなくて皆さんに言いたいことなんですけど仲良くやりましょう 喜多村英梨は言うことを何でも聴く良い子です キングレコードは今C3をやらせてもらってて喜多村英梨が歌ってます 来年からはパパの言うことを聞きなさいもやってそれでも新曲を出しますので我々を応援していただいで、ビジュアルアーツさんを応援していただければと思います よろしくお願いします」
続いてワーナーの川村さん
前までジェネオンにいらっしゃった方ですね
「リトルバスターズ!を知っていますか?」に対して「Rewriteでビデオ出させてもらったのでもちろん知っていますよ ええ どれから始めたらいいのか分からないけど ビジュアルファンブックも持っています」
「リトルバスターズ!がアニメ化されない理由は?」に対して「結構業界では謎なんですよね 七不思議の一つです 皆様が思いつくのは権利・金・人間関係 どれなのか僕には分かりませんけど一番リアルなのは金 でもそういうビジネスライクなことじゃないと思うんですよ やっぱり作品の中身がローカライズするのが困難であるのではないかと」
「京都大学の印象は?」に対して「非常にコンプレックスです 立命館大学出身なので 東大に比べて変人が多いという印象ですね」
「皆さんに言いたいこと」は「17年務めていた会社をやめたんですが一度やめるとすっきりしますね 人間慣れって怖いもんです 転職いいですよ 違った目線で同じものが見れるのはいいです vavaしゃちょーはおっかない 会う時に金玉ギューッとして会います 行きたいですねー 東京から見てます 一番後ろとかにいたら笑っちゃうんですが しゃちょーのtwitterフォローしますね シャナ見てね」


「ありがとうございました フラグはありませんよ 結論を言いますと現在折衝中です 今言えるのはここまでです 今までの話をおさらいしてください ならないはずがないと信じていますけれども 今日はこのへんで我慢していただきたい とりあえず問題は山積みですけどやりたい意思は固い コレを覚えて帰ってください 内堀は埋めた 社内とか関係会社やスタッフを含めてということです 後は皆さんの応援次第 幹事会社にメールを たとえ10通でも『リトバスアニメ化ヨロ』と見ていただける そうすれば我々の折衝も楽になるんではないかなぁと 今後のKeyに注目 来年、刮目せよ」
「おまけ1 スタッフの選ぶアニメ化したいリトバスの名シーンベスト5 第五位:鈴を三階まで投げるヤツ スタッフのコメント『アニメでどんなシュールな絵になるのか見てみたい』 普通ならアニメにならないかも知れないですがこうプレッシャーを与えておくとアニメになるかも知れません 第四位:小毬のパンツ これはフラグなんですね スタッフさんのコメント『数日前のドーナツによって色が変化する、いわばリトルバスターズ!のバタフライ・エフェクトとでも言うシーンです コンシューマーではパンツNGとなりました トリミングされて逆にエロかったです』 アニメになった時このパンツはどう変化するんでしょうか 見てみたい 第三位:皆で写真撮影 僕の大好きなシーンです スタッフのコメント『前半部分を象徴するようなシーンです』 学生生活の全てが表れているんじゃないでしょうかね 周りが女の子なのがいいですね 男だったら嫌ですね イジメですね 第二位:コールドゲームだ→茶番だーーーっ スタッフさんのコメント『最高にしびれるシーンです』 第一位 分かる人?」
筋肉とかバトルシーンとか声が上がって
「少年たちの別れ ありきたりだけど思い入れがあります このシーンをどういうアングルにするか今から考えています スタッフの一言『真人、謙吾、恭介が消えていきます ここのためにリトルバスターズは存在していたというシーンです』 ゲームやっていない人 ぜひやってください 30万1本目になります これがベスト5でした」
「おまけの2 ゲームクリエイターのススメ ぜひゲームクリエイターになってもらいたい 日本、アジアは萌を大量消費しています ものすごい消費しています 消費しているとその中からクリエイターが出てきます それが定番です その中で我々が作っているPCゲームは非常に優秀な現在コンテンツです ラノベとは違ってチームワークでやっている これは映画に似ています チームワークでしか実現できないクオリティのものはある 作家さんも凄い でも映画やゲームのようにチームワークでやっていくのは独特の世界があります ぜひやっていただきたい そもそも恋愛ゲームとは何か? モニターの中にキャラクターを想像してユーザーに恋をさせる 非常にハードルが高いです 現実世界でも難しいわけです 相手を恋させるのは難しい なかなか成功しません 無数の恋愛ゲームがありますが成功しているのは10本20本くらいだと思います 幼馴染、親友ゲームはありますが恋愛まで至らせるのはものすごく難しい 3時間くらい会話をさせて、そして会話がちょっとズレていないといけない 自然と予測するのを少し上回る答えでないといけない しかもそれが気持ちよくないといけない それでようやく恋愛の萌芽が芽生えます 多分現実世界でも同じだと思います 簡単に言うとストーリーは日常→試練→別離→成就 これが定番です ×キャラクター数あります それにTrueENDなんかもある これが恋愛ゲームの構造なわけであります コンテンツとしての長所は①感情移入が多い 何十時間も喋って感情移入ができます②話が長い 30分じゃありません 何時間何十時間と話を作れます③いろんな要素が使える 絵、音楽、演出、アニメなどできます④比較的開発しやすいこと アニメを自主制作するのは果てしなく高い壁です こういうのは開発が容易です 是非一緒にやりましょう 全てのコンテンツに出口があるポテンシャルのあるものです 入り口としての基本的なポテンシャルは十分持っています クリエイターよきたれ 皆さんには是非クリエイターになった貰いたいと思います 日本はこれから文化国家にならないといけないんです しかも萌えのね 一緒にゲームやらないか? クリエイターよ来たれ 世界は萌えを待っている そろそろ飽きてきましたね クリエイターになるならぜひビジュアルアーツへお越しください ご清聴ありがとうございました」
ここで15:40ごろだったかな?
vavaしゃちょー普通に1時間以上喋ってらっしゃってますw

この後質問コーナーがあって楽しかったんですが、今夜はもう遅いので今日はコレくらいにしておきます(ここまで4時間かかったw)
また明日追記しますんでよろしくお願いします


以下質問コーナー


京大伏見さん(以下、伏)「ありがとうございました お時間も少々ありますので申し込みの時の質問を集めていて、Angel Beats!の質問が一番多かったのですが、それはアレとして、3つほど紹介させて頂きます」
伏「質問その一 vavaしゃちょーは休日何をされているのでしょうか? vavaしゃちょーの華麗なる休日の過ごし方を教えて下さい」
vavaしゃちょー(以下、V)「私の場合毎日が休日なんでw 会社にそもそもあんま行ってませんw 家でフルートを吹いたり、料理を作ったり、チャンバラやったり、情熱大陸見てるわけですね twitter通りですよ あと本を年に数百冊読んでますね DVD去年数えたら180本見てましたね 私も大量消費しています 私は四国の百姓の生まれでございまして、長宗我部の足軽の成れの果てみたいなところにルーツがあるわけですけども 物作るのが好きで百姓みたいに何か弄ってるのが好き 料理作るのも好きでゲーム作るのも好きで人の成長を見れるのも好きで薬をあげたりするのも好きですね  何より作るのが好き いつもなにか作っています」
伏「ありがとうございました vavaしゃちょーは非常に多趣味な方ということで 続いての質問ですがライター志望の方から シナリオライターに必要とされる人材はどういうものなのでしょうか」
V「まずは消費することですね モノを書くのはモノを読まなければかけない プロになると読まない人はたくさん居ますが一流の作家さんは読みはりますよ 文章がうまくなること そのためにはまず本を読むことですね」
伏「ありがとうございました 続いての質問なんですけど、アニメ業界の方のインタビューにも流れてたのですが、京都大学にどのような印象をお持ちになられたでしょうか?」
V「時計台の上で梯子かけてアジテーションしてる奴が、いや人がいて左翼? もともと京都大学はちょっとアカデミックな色彩が強くて思想性が強いですね そういう印象です」
伏「まだ時間がありますのでご来場の皆様も」
V「ウズウズしてるんでしょ? 挙手」
そしてせなかさん、D坂本さん、藤井さんがマイクを持ってお手伝いをされてました
質問者「沙耶が一回も触れられなかったんですが沙耶はアニメに出ないということでしょうか? あと沙耶アフターはありますか?」
V「まだやるとは言ってないw やるなら沙耶は外せないんじゃないでしょうかね 沙耶アフターはないです」
質問者「リトルバスターズ!のキャラクターで誰が一番好きなんですか?」
V「理樹です」
質問者「ヒロインの中では?」
V「さささですね 罵られたい的な」
質問者「感想なんですけども、宇治キャンパスで研究員をしているんですが、宇治キャンパスの目の前に京アニがあるので、京アニで決まったら宇治キャンパス生は総力を上げて動くと思いますので考慮していただければ非常にありがたいかなぁと」
V「うちも京アニさんでやってほしんです」
質問者「初めて萌えを感じたキャラクターは誰ですか? 私はKanonの栞です」
V「大昔の話なんですけど 初めて作ったゲームで自分が書いたキャラクターには萌えを感じましたね ヌークという作品のレミー(?)なんですけど Kanonの栞も大好きですよ 最後のシーン良かったね Kanonの泣かせスイッチは5人とも違うんですね 泣かせるというのは科学的と言うかアルゴリズムがあるのですが、泣いていただくためには何かやって最後にスイッチを入れないといけないんです 悲しいことを積み上げても泣けない Kanonはそのスイッチが5人とも全て違ってそれがほぼ全てなんです 栞は典型的な泣かせ方ですね 我慢強いキャラクターがずっと我慢してて最後に泣く そういうシーンで泣かせましたね」
質問者「立命館大学から来た大学生です 殺伐ラジオを聴く限りではライターのシナリオを褒めないらしいのですが、リトルバスターズ!の中で一番好きなイベントを教えてください」
V「シナリオを褒めないっていうのは間違いです 麻枝は褒められたのを覚えてないだけなんです いつも褒めてますよ リトバスで好きやったシーンは最後のシーンですね リフレインのクライマックスのその後です 皆が仲良くしているのは大好きなんですよ 寂しいシーンはあまり好きじゃなくてワイワイやてるシーンは大好きです」
質問者「エロゲー紳士の会はどうなっているのを教えていただきたいかと」
V「エロゲー紳士の会は皆さん年齢制限で入れませんよw over35やったけ」
藤井さん「over30です」
V「30やったけ? 若いな 35でええんじゃないですかね イベントはどんどん盛り上げて行って最後にでかいのをやりたい その日にち決まったので、エロゲー紳士の会も少し先にしようかなと 来年の頭にやります メインイベントも凄いので楽しんでいただけると ビジュアルアーツを知っている人も知らない人も楽しんでいただけるようにします」
伏「あと二つくらいにしようと思います どうしても訊きたいことがある方で」
質問者「コアなナツブラファンなのですがナツブラの復活はいつなんでしょうか?」
V「アニメ化されればすぐにあるんじゃないでしょうかね」
伏「トリを務めてるような質問の方」
質問者「Angel Beats!ゲーム化されるか不明ということらしいのですが」
V「君はそれを訊くか」
質問者「もしやるとしたらキャラの過去は全部やっていただけるんでしょうか? 個人的にはTKとか遊佐が気になります」
V「皆そう思っています 去年、シナリオを見てGOか決めるという話でした 何故なら麻枝はやりたいことがいっぱいあるんですよ 才能もいっぱいある その時に優先順位が変わる 私たちみんなが行くぞーってなるのは簡単にはいかない 今それを待っているところですね 状況は今も変わりません 今年の冬コミとかが優先順位の高いところにあって Angel Beats!ゲーム化を社内でスタートさせるのはまだ 私は期待していますけどね Angel Beats!のシナリオでやりたいストーリーは麻枝も私も一致しています」
伏「それでは質問を終了とさせていただいて公演を終了とさせて頂きます アニメとゲームの深い話楽しめましたありがとうございました」
V「ご清聴ありがとうございました」
伏「それではvavaしゃちょーとVA社員さんがご退場されますので皆さん拍手でお送りください」
(拍手)
そして退場です


とても楽しかったですね
やっぱvavaしゃちょーは最高だなあと再確認しました
一生ついて行きます!
60歳で定年と仰ってましたがもっと頑張って欲しいです
まあ、あと9年ある訳ですがw
今月はスーパーvavaしゃちょー月間
fripSideのニコ生だけでなくダ・カーポⅢ発表会見のニコ生にもご出演なされてました
その締めくくりとして相応しいイベントでした!
vavaしゃちょー&京都大学アニメーション同好会の皆さん、どうもありがとうございました!
あと個人的な見解としてリトルバスターズ!のアニメ化は今までどうでもいいと思ってましたが、この講演を聞いて見てみたくなりましたね
京アニクオリティならばの話ですがw
京アニで作るなら僕は何年でも待ちますよ
Angel Beats!ゲーム化もそうです
いずれやるのならいくらでも待ちますよ!


おまけ

文化祭のパンフレット
20111116_232203.jpg

終わった後の看板達
20111123_160157.jpg

宣伝看板達
20111123_160700.jpg
20111123_161632.jpg
関連記事
[ 2011/11/24 04:51 ] イベントレポ・感想 | TB(0) | CM(2) |はてなブックマーク - また奥深い講演が生まれちまったな… 2011 「なぜリトバスはアニメ化されないのか」 in 京都大学11月祭 に行ってきました!

管理人ひょっとしてカメラの数列前で辞書みたいのカタカタしてた方か?w
[ 2011/11/24 21:49 ] [ 編集 ]

>匿名さん

> 管理人ひょっとしてカメラの数列前で辞書みたいのカタカタしてた方か?w

違いますよー
僕は基本、紙に殴り書きしていますw
[ 2011/11/25 00:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vainfo.blog35.fc2.com/tb.php/1344-a7ab3464















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。